とある漁港にて

怖い話

とある漁港にて

投稿者:紅のプー太郎さん

だいぶ暖かくなってきたし、久しぶりに夜釣りへ行った際の出来事です。
自宅から車で10分くらい走った所に、小さな漁港があり、
漁船の出入口には沖に向かって、
20mくらいの堤防が延びてます。
駐車スペースに車を止めた時から、
なんか変な感じはしてましたけど、知らんぷりして、
沖に向かって左側の堤防の先っぽに陣取って、
釣りを始めました。
満潮になりかけた頃、後ろ側で人の気配がしたから
振り向いたら、ちょうど紅の豚に出てくるマダムジーナみたいな感じの、
ツバが広めな白い帽子を被ったボンヤリ光ってる女性が、
一段高くなってる護岸に立ってました。
デザインが古臭いノースリーブの、
ライトグリーンっぽいワンピースを着ていて、
洋服と帽子が強めな風に揺らめいたら、右手で
被ってる帽子を押さえ、少し笑ったような感じに見えたら、

スーと消えていきました。
誰だろ?と思いつつ、気を取り直して釣りを続けてると、
沖合の方でゴルフボールぐらいの光る球体が、
10個くらい現れて、くっついては離れてを繰り返して、
まるでジャレあってるみたいな感じでした。
10分くらいで消え去りましたけど、
釣りの場所は有明海の熊本県北部で、
対岸の佐賀長崎県の街灯の見間違いではなく、
もちろん漁船や貨物船の明かりでもありません。
後日、よく考えてみたら、昭和30年代後半?
くらいまで、そこいら辺は海水浴場だった場所なんですね。
当然、亡くなられた方々も大勢居たはずで、
その方々とは断定出来ませんけども、なんか不思議な体験でした。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました