みよちゃん

怖い話

みよちゃん

投稿者:Cindyさん

知人が新幹線で乗り合わせた人からきいた話です。
犬鳴峠には「みよちゃん」という女の子の幽霊がでるそうで、
その人達はそれが本当かどうか調べにいったそうです。(車で)
夜で暗く、うすい霧がたちこめていました。
そんななか車は交差点にさしかかりました。
「あれ?女の子が立ってるよ。あれがみよちゃんだったりして。」

一人が冗談まじりに言いました。
たしかにそこに女の子が立っています。
その時はみんなおどけて「そうじゃん」とか相槌をうったり笑ったりしていました。
なごんだ雰囲気で車はまた交差点にさしかかりました。
「あれ・・・また女の子が立ってる・・・。」

しかも服装がさっきの女の子と一緒。
「ほんとにみよちゃんなんじゃ・・・」
一同はあわてふたまき高速でその場をあとにしました。
交差点からしばらく離れたところで運転していた人がふとバックミラーを見ると・・・
「みよちゃんが追っかけてきてる!!!」

車は50キロ近くだしていたにもかかわらずみよちゃんは毬をつきながら

走ってきます。
「これはやばい」
そう真剣に思った一同は 車を80キロ近くだして、峠から去ったそうです。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました