あの夢は一体・・・?

怖い話

あの夢は一体・・・?

投稿者:八八帝國国家主席さん

我が輩の恐怖は7月位の事ですが、あの夢は忘れられません。

妙に生々しかったです。
その夢はどこかのバーになぜかまだ未成年な我が輩が
カウンターにかけておりました。
そのとき、一人の幼児が我が輩の前によってきまして、
いきなりこう話し掛けました。

「お兄ちゃん、もうそろそろ死のうね。僕が連れて行ってあげるよ。」 
我が輩は驚きました。
そして、こう返します。

「馬鹿野郎。ワシはまだ死ねぬ!ワシには日本人の堕落をいましめ、

世界平和をアジアの同朋に広めるというでかい野望があるんだぁ!

せめてあと4、50年待ってくれぬか?」

すると、
「へえ・・・・、お兄ちゃん、苦し紛れではないね。
達成できるかはどうかだけど心からの理想だね。

でも、心の奥底の本性は独裁者みたいな恐ろしいものだね。」と言いました。

我が輩はもっと驚き、恐ろしくなりました。

心を読まれているかのようでした。
我が輩の理想と、自分でもいけない、抑えなければ、
として封印している「本当の、自分の願望」まで、
誰にも話したことがないのに見破られたのです。

【こいつは間違いなく死神だ。】
本能がそう我が輩の頭に問い掛けていました。
そこで目がさめました。朝になっており、
我が輩はビビッてあせっていたことを覚えています。

あれから2ヶ月、我が輩は理想に燃えております。
何も異常はありません。
そういえば、死神らしきこどもに理想があることを語った時、
あのこは笑っていた気がします。
いまだにこの事は忘れられません。
我が輩はあと50年位生きるという(?)運命なのかどうかを
思い出すたびに疑います・・・・・・・。


次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました