四十九日

怖い話

四十九日

投稿者:あやのっち。さん

今回は、私が今まで見た中で一番哀しい霊のお話をしたいと思います。
怖いだけではなく、こんな哀しい者もいるんだ…
という事を知って欲しいと思います。
2~3年前、丹沢山中の某川で、中洲に取り残された人達が
増水した川に飲み込まれて亡くなってしまう…

という、不幸な事故がありました。

全国規模で報道されていた事故だったので、覚えている方も多いと思います。

流されてしまう瞬間が、何度も何度もTVで放映されていました。

あの時の犠牲者の1人は、私のよく知る人の弟さんでした。
彼は婚約者の女性と共に流されてしまい、2人の遺体は
最後の最後まで発見されませんでした。
彼女(犠牲者の方のお姉さん)は、私の行きつけの
オールディーズライブバーでバンドのボーカルを務めている、

セミプロの歌手です。
結構有名所のライブバーとかにも出演していたのですが、
ある日を境にぱったりと出演しなくなってしまいました。

そんな事情があったとは全く知らない私は“最近Yちゃんステージ出ないねぇ~。

風邪でもひいたかぁ??”なんて呑気な事を考えていました。

バンド自体は男性ボーカルもいたので、どうにか回していましたが…
彼女を見なくなってから暫くして、“実はね…”と、
私の親友からその話を聞かされました。

もうビックリして…言葉が見つからなかったです。

暫くして、また彼女がステージに立つようになりました。
その時点では弟さんはまだ発見されておらず、
きっと辛かったと思うけど…彼女の仕事柄、

出てこざるを得なかったのでしょう。

久々に見た彼女の後ろには、男性が立っていました。

そう、TVで見た人と同じ人が…。
事故の状況から見て、助かるとはまず思えなかったけど…
辛い現実を知りました。

“あぁ…助からなかったんだ…。”
しかし、その時点ではまだ発見されていなかったので、
そんな“引導を渡す”ような真似は私には出来ませんでした。

親友と、そのバンドのもう1人のボーカルの男性にだけ話して、
(私、そのバンドのメンバーはみんな仲良しだったんです)
後は黙っておく事にしました。

弟さんの、寂しそうに彼女を見つめる目が忘れられません。
そんな弟さんの表情を見ているのが辛かったので、
私は暫く店から遠ざかってしまいました。

暫くしてから、久し振りに店に行きました。
彼女がいつもの様にステージに立っていたのですが、
その時、もう彼はいませんでした。
その代わり、彼がいた所は“空間に人型の穴が開いた”
ようになっていたのです。
まるで空の製氷器のように、空間に人の型が
くり抜かれていたのです。

上手く表現出来ないけれど…

後から聞きました。

その、“空間に穴が開いた日”は、丁度彼の四十九日だったのです。
人は死ぬと、四十九日間の間に“あの世”へ
旅立つ準備をすると言われています。

彼はきっと、四十九日で旅立てたのでしょう。
最期に、仲の良かったお姉さんと
一緒にいたかったのだと思います。

とても仲のいい姉弟だったらしいですから…。

彼の遺体が発見されたのは、事故から大分経ってからの事でした。

きっと今頃は、婚約者の方と幸せに暮らしていると信じたいです…。

今までで一番印象に残った霊体験でした。

弟さんのご冥福を、心よりお祈り申し上げます。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました