プチ祟り

怖い話

プチ祟り

投稿者:ハンムさん

これは、私が小学5年生ごろの話です。
8月下旬の夏休み、私は家族&親戚と一緒に
鎌倉へ祖母の墓参りに行きました。

墓参りも終わって家族と親戚は少し休憩を取っていたとき、
私と兄は元気が良く、いやがる父を無理やり連れて
サッカーをしたのです。
少し急な坂の上から父が蹴ったボールは坂の横にある
お墓にぶつかってしまいました。

それも父はかなりの力で蹴ったらしく

見ていた私と兄が笑ってしまうほど小気味よく跳ねかえりました。

父は「お墓さん、ごめんなさい。ごめんなさい。」と
冗談っぽく謝っていたのですが
帰りに父は親戚の運転するワゴン車のドアに小指を挟まれて
骨折してしまいました。

これってチョットした崇り(プチ崇り)なんでしょうか?


次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました