廃墟体験談

怖い話

廃墟体験談

投稿者:YOSHIさん

俺が中学校2年の時の秋、友達四人と千葉県にある噂の廃墟にいった。

噂というのがその家に行くと出れなくなってしまうっていうものだった。

さすがに霊感がないとはいえ、恐かったので昼の3時ごろに行くことにした。
行ってみると噂通りのところに廃墟があった。
ボロボロで草がボウボウに生えてて

人が住んでる気配はまったくなかった。

門の鍵も閉まっててよじ登って入ると目の前に玄関のドアが。

恐る恐るノブを回すと意外とすんなり開いてしまった。
中はボロボロで玄関に花が供えてあった。
でも夕方の明かりで中は明るかったので

とりあえず、中に入って見てみることにした。
まず、二階に行って子供部屋らしきとこへ行ってみた
そこで写真を撮って次にキッチンへ
そこで俺の友達がフザケながらとりあえず1枚撮影した。
散々見まわって、写真も撮って最後に玄関に並んで
みんなで写真を撮ろうとした。

四人が並んでタイマーで撮ろうとしたのだが、シャッターが下りてすぐに

俺の隣にいたNが大声で叫んで外に走って行ってしまった。
残りのメンバーも訳もわからずNを追いかけた、
俺は出遅れてしまって最後に外に出た。

俺がNに追いついた頃にはみんなもいて訳を問いただしていた。

Nの話によるとシャッターが下りた瞬間、肩を叩かれたというのだ。
そんなの冗談だと思ってみんな信じてはいなかった、
とりあえず自転車が家の前にあるので
家まで行くことにしたのだが、Nがなかなか行こうとしないので
俺等だけ行くことにした。
自転車の鍵を外している時に気がついたのだが
ドアがしっかり閉まっているのが異様に不思議だった。
俺も慌てて出たから閉めた覚えはないし、
最後に出たから俺の後はいないはずだし、

それをボソッといったのだが誰も信じないので、見間違いだと思うようにした。
しかし、俺とNは不思議な体験をしてしまっただけに
カメラの写真が気になったので

その日のうちに現像する事にした。

50分後・・・・

カメラ屋さんの人が不思議なことを言った。
「友達が手で隠しちゃってて
真っ白になっちゃった写真あるけどこちらで処分しようか?」
俺とNはハっとした。
手で隠すなんて行為、誰もやってないのだ。

とりあえず、真っ白の写真ももらう事にして全部貰って見てみた。

俺とNはその後、急いで近くの神社で御払いを受けたのは言うまでもない・・・・

そこに至ったものは、24枚撮りのフィルムで21枚真っ白の事実と残りの3枚の心霊写真だった。

子供部屋で撮ったものには複数の火の玉みたいなもの
キッチンで撮ったものには俺の友達以外にハッキリと
おばさんの姿カメラを睨んでいる(全身)
そして、最後の集合写真に四人いて逃げたNの足元に
ハッキリと老婆がNの足にしがみついている姿が。
Nも俺もかなりのショックを受けて、
その日のうちに神社へ行って御払いを受けました。
凄い怒られました。

その後神主さんが写真を預かるといっていたのでどーなったかは知りませんが

この日を期に心霊スポットにはまったく行かなくなりました。

ほんとに恐かったです・・・・

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました