登校途中の怪

怖い話

登校途中の怪

投稿者:青花さん


あれは、私が小学校1年生のときでした。

私は、先輩たちと登校するため集合場所に向かって歩いていました。

その集合場所に行く途中に、古い民家があるんです。
塀に囲まれた民家の入り口からは庭が見えて、
私はふいに目をやりました。

庭の奥には井戸でもなく、何か穴がぽっかり空いているようでした。
そこに目をやった瞬間、私は凍りついたように立ち止まってしまいました。
そこから手が出ているんです!

女性のような細くて白い綺麗な手が。
私は恐くなって、集合場所に行き、先輩達に話をしました。

すると、先輩の一人に「そんなのウソだ」とバカにされました。
私だって、怖い話は好きだけど、幽霊なんて見たこと無いし、
ウソを言ってる訳じゃありません。

だからその先輩と一緒にもう一回見に行ったんです。

・・でも、もう手はどこにも見当たりませんでした。
怖い光景は見るわ、その先輩に信じてもらえないどころか、
ますますバカにされるわでその朝は散々でした。

・・・その日の帰り。

私はまたついつい、あの民家の庭に目をやってしまいました。

・・・あれから何ヶ月か、手はあの穴から手を出していました。

今もあの民家の前を通りますが、もう手を見ることはありません。

あの穴の中はどうなっていたんでしょうか・・・。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました