耳袋

怖い話

耳袋

投稿者:こうちゃんさん

それは私が学生で、アパートの1階で一人暮らしをしていたころです。

ハイベットに寝転がり、一人で百物語ができちゃう新耳袋を読んでいました。

百話読んで何かおきちゃ~嫌だな、と途中で止めて寝る事にしました。
・・・うつらうつらとしてきた頃、妙に意識だけが覚醒し、
体はしっかり寝ている状態に。

ベランダの窓が空く感じが。

そして、人が入ってくる気配、しかし、体は動かない・・・。

人の気配は、ハイベットを上がり私の後ろに抱きついてきたのです。

・・・その段階で怖いのだが、さらに、目の前に刃物の気配までも。

ぼんやりと「あ~殺されるな」と思いつつ意識は遠くに。

しばらく、その人は部屋にやってきました。

百物語は百話しなくても“危険”なんでしょうか。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました