ドライビング

怖い話

ドライビング

投稿者:不二子さん


先輩と、ドライブに行き楽しくおしゃべりしながら走らせていると、
ふと、先輩が。

「ここの道よく出るらしいよ!」

私は面白がって、

「ちょっと行って見ませんか?」
と言って二人で面白がってその道をゆっくり走らせていきだした・・・

私「出ませんね・・・」

先輩「ああ、出ないな・・」
それから少し走っていると、電柱に人が立ってるんです。
赤い服着た人が・・・女の人?

先輩「こんな夜に何してんだ?」

私「さぁ、気味悪いっすね・・・」
そしたら、次の電柱にも、その次も、同じ人が立ってるんです・・・

私は青ざめて何も言えなくなっていました。

先輩「うそだろ・・」
そう言うと先輩は、さっさと帰ろうと、スピードを上げました。
でも、付いてくるんです・・・
必ず電柱に立ってるんです・・・

私「勘弁してくれ・・・付いて来るなよ・・・」
すると、電柱から居なくなったのです。

でも、あの圧迫感が消えません。なんで?
先輩の家に着いて、車を止め二人ともホッとしていたら、
目の前に居るんです!

女の人が!しかもどんどん、近づいて来るんです!

女の人「ねぇ・・何で逃げるの・・・」

私たちは、あまりの恐怖に気を失いました・・朝、気がついたのですが、
あまりの恐怖にボーゼンとしていました。
同じく先輩も・・・

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました