年始挨拶の帰り

怖い話

年始挨拶の帰り

投稿者:しのっちさん


帰省先より、新鮮なネタを土産に持って帰ってきました。
妻の叔母の家は家が大きいので、
毎年親戚が集まって年始の挨拶をします。
今年も年始の挨拶に行き、日もとっぷり暮れ、
夜の8時過ぎに妻の実家に戻っていた時のことです。
そこはカーブが多い川沿いの道路を妻の実家から
1時間半ほど車で行ったところにあるのですが、
山と川の淡々とした風景で居眠りが多いのか、
死亡事故に注意を促す立て看板が所々にあります。

助手席では妻が、後部座席ではチャイルドシートで
子供が眠っていました。

子供が寝ぼけてぐずりはじめただけでなく、妙な視線を感じたので、

ふとルームミラーを見ると・・・新年早々見てしまいました。
額から血を流して哀しそうな目をした女性が

車のすぐ後ろをついてきています。
一瞬ドキッとしましたが、次の瞬間
「子供だけは守りたい」と思い、ミラーを見ながら
「てめぇ子供と嫁さんに手ぇ出したらタダじゃすまさねぇぞ」
と心の中ですごんだら、スッと消えていきました。
子供はまたぐっすり眠りにつき、妻は何もなかったように
横で眠ったまま妻の実家につきました。
おおかた、交通事故で亡くなった人の霊でしょうから、
家までついてくることはあまり無いのでしょうけど、
事故が事故を呼ぶことがよくあるように、
ひっとしたら狙われたのかもしれません。
子を想う親の気持ちって強大なんだなと、
自分の事ながら少し感動しました。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました