真夜中のコンビニにて

怖い話

真夜中のコンビニにて

投稿者:紅のプー太郎さん


準夜勤は夜中の2時とゆう、
ナイスな時間帯に終わり、
小腹が減ってたからコンビニで、カップ麺と
ビールを買いに立ち寄りました。
駐車場には車は1台も止まってなく、
歩いて来てる人も居ない様子で、中に入ると客は俺だけでした。
カップ麺を選んでると、レジの方から
ハイヒールの足音とともに、人の気配がしたから、

邪魔になるといけないから、前屈み気味になってたのを
腰を引きました。
真後ろに来たあたりで、人の気配と足音が消え去り、
「んっ!?」と思って振り向きましたけど、誰も居ないんですね。
客が来たらベルが鳴るコンビニなんで、
誰も来てないのは確かで、内心
「出やがった・・・・かな?」と思いつつ、
ビールを置いてある冷蔵庫に向かう途中に、
万引き防止用の丸い鏡を見てみたら、
若い(推定)女性がアイスクリームを選んでる風に、
冷蔵庫を前屈み気味に見てました。

直接見ても見えずレジに向かうと、
バイトのアンちゃんの様子が、露骨に変なんですね。
冷かし半分で「・・・ここ・・・・・出るだろ?」と、
幽霊のポーズをして質問してみたら、素直に
「・・・・・・はい」と返事をしてくれましたけどね。
支払いが終わったあと、アンちゃんは慌てふためいて、
裏にある事務所に入って行きましたけど、
たぶん辞めるでしょうねぇ?。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました