旧生駒トンネル

心霊スポット


大正3年(1914年)完成
大正2年(1913年)掘削中落盤事故が発生し
152名が生き埋めとなり20名が犠牲となる。
昭和21年(1946年)トンネル内で発生した車両火災で
23名が犠牲となる
昭和23年(1948年)トンネル通過中にブレーキが故障し
先行列車に衝突、49名が犠牲となる。
昭和39年(1964年)新生駒トンネルが完成する
旧生駒トンネル
現在は閉鎖された旧生駒トンネル周辺。
というのも肝試しの人が多いようで…
犠牲者数が犠牲者数ですから様々逸話があるようです。
旧生駒トンネル2
金網の外から旧生駒トンネル周辺をズーム撮影します。
旧生駒トンネル3
神社のようなものがあります。
犠牲者供養でしょうか…。
旧生駒トンネル4
その奥にトンネルが見えます。
とはいえ完全封鎖されていますが…。
旧生駒トンネル5
立入禁止の文字が読み取れます。
監視カメラも設置しているという話も。
落盤事故もしてますから…中に入ると危ないです。
旧生駒トンネル6
事故以降、新しいトンネルの方を終電が通ると
幽霊が出るという噂が出て、
終電の後に誰も乗っていない電車を通らせるという
異例の措置を行った…という話も残っています。



大阪府心霊スポット

コメント

タイトルとURLをコピーしました