岸岳城跡

岸岳城跡 心霊スポット

岸岳城跡
岸岳城跡
別名「鬼子岳城」
かつて豊臣秀吉に滅ぼされた
北波多一族の城があった。
岸岳城跡4
上松浦党の棟領、
波多氏17代(450年間)の
盛衰を極めた岸岳城跡。
鎌倉時代の築城と伝えられています。
北波多村の東端、相知町との境界をなす
標高約300mの峻峰を「岸岳」といいます。
城跡は延々1kmにもわたって築かれており、
本丸・二の丸・三の丸・三左衛門殿丸・大手門
などの伝承地が存在します。
壮大な石垣は戦国時代に築かれたものですが、
中世山城の面影をも残す重要な城郭遺跡です。
豊臣秀吉の命により波多氏が滅びて400余年、
荒城に立ち往時を偲べば、
源平合戦以降その雄名をはせた
松浦党の活躍が、彷彿として
脳裏によみがえります。
平成10年3月 北波多村教育委員会
岸岳城跡2
いまや石垣を残すのみ
岸岳城跡3
井戸。
覗くと祟りがあるという…
岸岳城跡6
本丸跡
岸岳城跡5
北波多一族の祟りを岸岳末孫(きしたけばっそん)と呼び、
地元では恐れられている。
怖い話「岸岳末孫と…おまけ」参照

佐賀県心霊スポット

コメント

タイトルとURLをコピーしました