池袋四面塔

心霊スポット

池袋四面塔
「四面塔尊の由来」
今から約280年前の享保の頃(徳川幕府8代将軍吉宗の頃)
高田雑司ケ谷と板橋を結ぶ街道と礫川と東長崎を結ぶ街道付近
(現在の西武線池袋駅東口)は、
夕方になると追いはぎや辻斬が出没し、夜はその難を逃れる為、
通行する人が途絶えました。享保6年の夏、
一晩で17名の辻斬残骸があり、この不祥事を憂いて、
池袋村民有志64人が雑司ケ谷鬼子女神威光山法明寺第二十二世日相上人に
供養をお願いし、享保六年九月、法華経のお題目を刻した石塔を
建立して無縁仏の霊を供養しました。
正面にはお題目、右側面には北方板ばしみち、左側面には、南方高田雑司ケ谷道が記され、
道標としても使われました。この塔は四面塔尊と称され、
以来、法華経の功徳により災難は解消されました。
平成12年9月吉日
池袋四面塔尊奉賛会
池袋四面塔2
辻斬りというのは今で言う通り魔。
こちらが本尊。
池袋四面塔3
こちらは四面塔稲荷
池袋四面塔4
こちらは六地蔵
JR線池袋駅の北口から、PARCOに沿って歩き、交番の先を進んでいくと、
線路沿いに綺麗な公園があります。
そこにこの四面塔はあります。

東京都心霊スポット

コメント

タイトルとURLをコピーしました