野毛大塚古墳

心霊スポット

野毛大塚古墳
野毛大塚古墳
野毛大塚古墳は全長82メートル、後円部の高さ10メートルの
帆立貝式の前方後円墳で、前方部に近接して小さな
馬蹄形の周濠が掘られており、周濠を含めた全長は
104メートルである。三段に構築された墳丘は全体が
河原石で覆われ、円筒埴輪がそれぞれの段にめぐらされている。
後円部頂上には4基の埋葬施設があり、中央に粘土に包まれた
割竹形木棺・南東側に箱式石棺、北西側に二基の箱形木棺が
納められている。
割竹形木棺からは甲冑、刀剣、鉄ぞくなどの武器・武具類、
鉄鎌、銅鏡、銅釧、玉類、石製模造品、竪櫛などが
箱式石棺からは刀剣、鉄ぞく、玉類、石製模造品などが、
二基の箱形木棺からは、刀剣、鉄ぞく、鉄鎌、石製模造品、玉類などが
それぞれ出土している。
野毛大塚古墳は関東地方の中期古墳文化を代表する
5世紀前半に築造された古墳である。
出土しら多量の武器・武具類や石製模造品は、この古墳が
南部蔵の有力な首長墓であることを示している。
野毛大塚古墳2
野毛大塚古墳の頂上
野毛大塚古墳3
野毛大塚古墳前景
さて、この地がなぜ心霊スポットなのか?
祟ったといえば平将門公の首塚が有名だが、ここも
祟った塚のひとつである。
江戸時代には東大塚、塚山、吾妻塚と言われていたここは
古城跡だと思われていた。
明治30年に下野毛の三人の青年が好奇心から発掘をして
甲冑や副葬品を発見し、国立博物館に調査を委ねた。
青年の一人は病気になり、あとの二人は発狂して自殺。
「夢のなかに鎧兜をつけて馬に乗った侍が出てくる」といい、
腹をカミソリで十文字に切って死んだという。

東京都心霊スポット

コメント

タイトルとURLをコピーしました