滝山城跡

心霊スポット

滝山城跡
行こうと思ったらなんと台風の影響で車両通行止め。
滝山城跡2
城跡の内部も至る所で倒木。
滝山城跡3
引橋(ひきばし)
ここを渡ると滝山城の本丸跡。
滝山城跡4
史蹟 城山情城跡
滝山城は、武蔵国の守護代大石氏(定重・定久)と小田原北条氏の
一族(氏照)の居城であり、規模の大きさ、縄張りの複雑さ、遺構の保存状態の
良さなどからみて、戦国時代の城郭遺構としては日本有数の遺跡である。
永正18(1521)に大石定重が築城し、高月城から移転したと伝えられており、
その後永禄元(1558)年前後に定久の養子として入城した北条氏照によって
大改修が行われたと考えられている。
浸食の進んだ加往丘陵の一角に占地し、複雑な自然地形を巧みに利用した
天然の要害であり、特に北側は多摩川との比高50~80mの断崖をなしていて、
北から侵入する敵に対しては鉄壁の構えとなっている。
城内は空堀と土塁によって区画された大小30ばかりの郭群が有機的に
配置され、外敵の侵入に備えた心くばりは実に美事である。
大石氏時代には、現在本丸と呼ばれている主郭を中心として、
二の丸と呼ばれている郭付近までであったと考えられており、小宮郭など
その他の郭群は北条氏照時代に拡張されたものと言われている。
永禄12(1569)年、甲斐の武田信玄が小田原攻略の途中に、二万の兵で
本城を囲み、二の丸まで攻め寄るほどの猛攻を加えたが、城主氏照を
中心に城方もこれに耐えて守り抜き、落城をまぬがれたという。
しかし、この戦闘の後、氏照は武田に備える戦略上の利点から
八王子城を築き、天正12~15(1584~87)年ごろに、その居を移した。
滝山城跡5
井戸が残っていた。
滝山城跡6
結構奥深くまであるようだ。
滝山城跡7
本丸跡の霞神社。

東京都心霊スポット

コメント

タイトルとURLをコピーしました