キリシタン殉教公園

心霊スポット

キリシタン殉教公園
山口県にあるキリシタン殉教公園
ここでは夜人魂が飛ぶことがあるという。

キリシタン殉教者と記念碑
明治元年(1868)に続いて明治3年、政府は
キリスト教弾圧政策をとり、長崎の浦上村全信徒
3800人を全国各地に流刑した。これがいわゆる
「浦上崩れ」である。
このうち約300人が萩の地に流された。
信仰篤い彼らを改宗させるために3年間続けられた苛酷な
拷問と飢えのため、40余名が英雄的な殉教を遂げた。
そのうち20名がここに埋葬されていた。
在りし日の迫害、忍苦の跡を偲んで萩カトリック教会
初代司祭ビリョン神父は、明治24年(1891)に、
信徒が幽閉されていたこの岩国屋敷跡に、寒天に裸体にされて
責められたという庭石を集め、それを基礎として
記念碑を造り、「奉教致死之信士於天主之尊前」の碑文を刻んだ。
またここには、慶長10年(1605)に棄教を拒んで殉教した
毛利藩重臣熊谷豊前守元直の碑等がある
キリシタン殉教公園2
中に入ると正面に大きな石碑が。
キリシタン殉教公園3
奉教致死之信士於天主之尊前の碑
キリシタン殉教公園4
他にも公園内に石碑があった。
キリシタン殉教公園5
奉教致死之信士於天主之尊前の石碑の裏には墓地が。
ここに埋葬されていたキリシタン殉教者のお墓でしょうか。


山口県心霊スポット

コメント

タイトルとURLをコピーしました