風穴

心霊スポット

富岳風穴1
風穴。青木ヶ原樹海の近くにある。
天然記念物です。営業時間は9:00~17:30
正式名称は富岳風穴。
やはり樹海に近いためか、恐怖体験の噂が絶えません。

天然記念物富岳風穴
富士山麓一帯、青木ヶ原樹海内には風穴氷穴
などの名によって呼ばれる洞穴が無数に散在し、
世界的に著名である。
その成因は日本各地に点在する石灰岩による
鍾乳洞とは異なり爆発して
流出する溶岩の中部にガス体を含み、
外部がさめて収縮する際、内部はまだ
高熱の流動体であるため、外部からの
圧力により、外皮の弱い所を押し破り
ガスや溶岩を吹き出した後に残った
空洞がすなわち、これらの洞穴であると
地質学者によって解かれている。
この洞穴は南北方面に走る百十米の
主洞と西東に走る百十米の間道からなり、
巾4~7米、高さ2~20米の規模をもつ
大きなもので内部は堅い細密な溶岩が層状を
呈し、一部には溶岩棚や磁気をおびた溶岩も
みられる。洞底には水がたまり、冬期に結氷したまま
夏を過ぎても解けることが少ないため常に洞内の
温度も平均3度と非常に珍しい洞穴である。
富岳風穴2
入場料を払い、中へ。
富岳風穴入り口。
外国人の観光客がいました。
富岳風穴3
中は思っていたより暗いです。
照明はあるんですが…。それがかえって幻想的です。
富岳風穴4
氷がありました。
中はやはり結構寒いですね。
富岳風穴5
奥になにかありますね?
富岳風穴6
繭玉の貯蔵
養蚕が盛んな大正の初期から昭和30年ごろまでは、
長野、埼玉、群馬などから繭の中でも育成良好な
繭玉だけを収集し、箱に入れて富岳風穴まで
運ばれて来たものを保管されていた場所です。
目的は成虫にならないように生きている
繭玉を(缶の窓越しに見られる)
冷暗貯蔵して、夏繭、秋繭用として
出荷されております。
富岳風穴7
こちらが冷暗貯蔵されていた棚?のようです。


山梨県心霊スポット

コメント

タイトルとURLをコピーしました