火あぶり地蔵尊

心霊スポット

火あぶり地蔵尊1
なんとも珍しい地蔵堂がある。
火あぶり地蔵尊2
交通量の多い県道のすぐそばにあるこの地蔵堂には…
火あぶり地蔵尊3
火あぶり地蔵尊
とある。
石碑の裏の説明によると

武州足立郡谷古田領瀬崎村地蔵堂縁起
当、地蔵尊は、伝説によれば昔、
千住掃部落宿の孝行娘が瀬崎の大尽の
家で奉公をしていた。
ところが、母親の大病を知っても帰宅を許されず、
思い悩みその家に放火、その罪で火焙りの刑となった。
村人は娘を哀れみ地蔵堂を建立し供養したと言う。
しかし、これを裏付る資料はなく史実は不明である。
なお、江戸後半の文化3年(1806)に完成し
「日光道中分間延絵図」に、この地蔵堂が描かれている。
それに、ここの石仏は、明和元年(1764)の
供養塔・安永5年(1776)の
光背村地蔵尊・弘化5年(1848)に近隣14ヶ村の
信徒によって建立された馬頭観音が有るが
本尊には刻銘は無い。
ところで、この地蔵尊は北方から邪神が当村に
入るのを防ぐ境神でもある。
尚、当堂は、昭和7年より始まった旧国道の拡幅と、
今般の新県道用地で二度移動した。
火あぶり地蔵尊4
不動明王かと思ったが馬頭観音である。
弘化の文字が読みとれた。
火あぶり地蔵尊5
お堂の扉には鍵がかかっていました。
お地蔵様を直接見ることはできないようです。
火あぶり地蔵尊6
扉のガラスから撮影。
比較的新しいお地蔵様のような印象を受ける。
火あぶり地蔵尊7
火焙りにされた娘の位牌だろうか?
「光誉妙照信…」と読める。



埼玉県心霊スポット

コメント

タイトルとURLをコピーしました