大房岬の要塞跡

怖い話

投稿者:るんだろなさん

千葉県の房総半島に大房岬という公園があります。
戦時中は要塞があったらしく、現在もその跡地に入ることができます。
私は戦争の跡地を巡るという趣味があり、
旅行で房総半島に来ていたので大房岬にも寄ってみました。
公園は案外広くて、お目当ての要塞跡までは割と歩きました。
一緒に来てた家族もヘトヘトになり、
「ここで待ってるからいっといで」と休憩をはじめました。
ついに要塞跡まで来たとき、それまで観光で来ていた大勢の人が出てきました。
観光バスかなんかで来たようで、人が途切れるのを待ちました。
人が途切れたので中に入ると、さっきまであれだけ賑やかそうだったのに
いまは誰もいません。
静まりかえった要塞跡で少し不安になりながらも、
私は一人、写真を撮影しはじめました。
どれくらい撮影していたでしょう。
夢中になってはっきり時間はわかりませんでしたが、
不思議な事に誰も来ません。
公園内は週末で比較的賑やかでした。
要塞跡付近にも要塞跡を目指している観光客もいました。
私が入ってからは誰も現れないのです。
昼とはいえ、なんだか不気味な感じがしてきた私は撮影も
ほとんど終えたので、戻ろうとしました。
その瞬間、さっきまで誰もいなかった要塞跡に人の気配がしました。
自分の左ななめ前方に人が立っていました。
えっ?と思ったその時・・・
その人の服装が軍服である事に気が付きました。
さらに軍服を着たその人は私に背を向けた状態で立っていましたが、
下半身がありませんでした。
「あ…うっ…」と声にならない声を出していたら、
そのままフッと消えてしまいました。
要塞でかつて働いていた日本兵だったのでしょうか?
なんだか無念さを感じさせる雰囲気のあの背中が忘れられません。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました