私の実家

怖い話

投稿者:姉貴さん

実話です。ですので、凄く長い文章になるかと思いますので御了承下さい。
近々私が結婚して家を出るにあたり、弟が私に全てを語ったのが、始まりでした。
その日、弟から携帯にメールが有りました。
「姉貴、大事な話があるんだけど今夜どう?」
外で呑もうなんて珍しいものだと思い、嬉しくもあったので直ぐに
「いいよ。」と返信しました。
駅で待ち合わせて居酒屋に入り「姉貴、結婚おめでとー!」の乾杯で始まり、
姉弟や父母や親戚の思い出話で二人で盛り上がりました。
「そう言えば、アンタ私に大事な話あるんじゃなかったっけ?」
私がそう切り出すと、弟の表情は誰が見ても解る位極端に沈んでしまいました。
何か大きな借金とか抱えちゃったのかなーなんて思いながらも聞いてみたら・・・。
「姉貴、うち出るよ」
ですって。
どうやら、うちの実家は幽霊が出るらしいのですけど、
その話を聞いた時私は笑ってしまいました。
だって私は二十年以上も住んでて、金縛りにも遭った事なんて無かったのですから。
「アンタ、疲れてんじゃないの?」
「いいや。絶対いる。」
妄想や、からかって言ってる様には見えませんでした。
弟は昔から極端にこの手の話を嫌ってましたし。
だから、全て聞いてあげる事にしました。
話を聞くと、彼が幽霊を始めて見たのは、
家族で〇〇高原へスキーに行った時だそうです。
ゲレンデに接したホテルで、私の印象に残っているのは
人が少なかった事と暗いホテルだったかなー位なもので、
特に恐怖体験した訳でも有りません。
けど、彼は皆が寝静まった時に吹雪の音で目が覚め、
大きな窓の外からこちらを見ている長い髪の女を見たそうです。

私は高校生、彼は中学生でした。
絶対馬鹿にされると思って言えなかったそうです。
彼の言う通りで、言ってたら馬鹿にしていたと思います。
信じなかったでしょうし。
で、そこから彼の体験はエスカレートして行った様です。
ある夜中、寝ていると自分のデスクに誰かが座っていたそうです。
私だと思ったそうです。
デスクに座って、足をぶらんぶらんさせて机を蹴ってるんですって。

寝惚けながらも、馬鹿姉貴は人の部屋で何やってるんだ?
と思ったそうですが、良く良く考えて背筋が凍ったらしいです。
その時私が修学旅行で家に居ないって事に気付いたそうで。
ある時は、やっぱり夜中に目が覚めると、部屋一面が真っ赤だったそうです。
で、棚とか箪笥の上に置いてあった小さな縫いぐるみとかが、
全て生首だったらしいのです。

ある時は、部活から帰って来てベッドに横たわっていると、
いきなり布団を被せて乗っかられたそうです。
あまりに強くて、ウザくて本気で息出来無くて、ブチ切れて
「姉貴ふざけんなッ!」
って布団から這い上がった時、長い髪がバサって消えたそうです。
で、その時は壁越しに私が友達と携帯で話しているのが聞こえたらしく、心底恐怖したそうです。
まだまだ有りますが、とても書き切れ無いので。
「で、今でも見るの?」
私が言うと、普通に見るって言うのです。
「アンタが〇〇高原から雪女連れて来ちゃったんじゃないの?」
からかい半分で言うと、本気な顔してそうかも知れないって。
あまりにも弟が深刻顔だったし、私も興味が無い訳でも無かった為、
「いいよ。じゃあ今夜私がアンタの部屋で寝てみるよ。」
と言って、彼の部屋で寝る事にしました。
この日の夜の事は忘れもしません。
午前一時には消灯し、お酒が入っていたせいも有り、ぐっすり眠りました。
寝ている時、耳元で遠めに暴走族の音が聞こえるのです。
未だ寝付けていないのか、夢の中なのかは解りません。
暴走族の音の次は、遠めから盆踊りの様な音でした。
真冬な上に夜中なので、この音はおかしいです。
この音は何故か、段々大きくなって行くのです。
ドンドンドンドン!
って。
で流石に煩くなって目が覚めて、上半身を起こしたのです。
そしたら、長い髪に白い浴衣を着た女性が、確かにテレビの上に立っていました。

初めて見たけれど、本当に本物。本当にハッキリとしてて、
顔が無くて、けれど足はどうだったかしら。
そこまでは、良く覚えておりません。
私の体験はこれだけですが、この日以来私は真っ暗の部屋で眠れなくなってしまいました。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました