離島の砂浜にて

怖い話

投稿者:紅のプー太郎さん

だいぶ以前の事だから忘れてましたけど、
釣りガラミの心霊体験談で似たようなのがあって、
思い出したから投稿しますね。
「キス」とゆう魚を狙って、連休のたびに九州の離島へ遠征していた頃があり、
民宿の婆さんとも親しくしてました。
たまたま、その年は盆休みしか行く事しか出来ず、
婆さんと世間話をしてると
「地獄の釜のフタが開くから、お盆くらいは殺生はしない方がいいよ」
と言われましたけど、若かったせいもあり適当に話を合わせてました。
その日は夜釣りだったから、夕方から遊泳禁止の砂浜へ行って始めました。
夜中近くになり全然当たりもなく、最後の1投を投げて、
暫くすると大物がかかったようで、
キス用の細い仕掛け切れないように、アタフタしてると
「やったね!!」

と子供の声が聞こえました。
夜中近くの時間帯に、人里離れた砂浜に子供が居るはずもなく
、脂汗を流してビビリながら見回しても誰も居ません。
やっとの事で引き上げると、大型のスズキが釣り針にかかっていて
「大きいじゃん!!」

と聞こえ、頭の中は完全にパニックで
「キハハッ!!」

と子供がはしゃぐ声が響き渡る中、
茫然と流木に腰掛けてタバコを吸いながら、寝てしまったようでした。
翌朝、心配した宿の方が来てくれましたけど、寝ている間、
巨大な渦の中に人が吸い込まれて行く人々がいて、
中には抵抗する人も居ましたけど結局は吸い込まれていきました。
いまだに、どうゆう意味が夢にあって、
子供の霊は何だったのか?分かりませんが、
年寄りの言う事も聞かず、趣味とはいえ釣りをしたのがいけなかったのかも知れません。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました