知覧特攻平和会館

怖い話

知覧特攻平和会館

投稿者:紅のプー太郎さん

小学6年生になる知人とこの娘さんが、
「特攻隊」の事を調べてくるように」と宿題を出されました。
個人的に飛行機(軍用機)に興味があり、
特攻隊の資料みたいな本も数冊持ってますけども、
本より鹿児島県知覧町にある
「知覧特攻平和会館に連れていった方がいいかな?」
と思って、提出まで数日あったから連れてく事にしました。
建物がある場所は、元々、陸軍の飛行場があった場所で、
沖縄戦が起きたら各種軍用機で飛び立って行った飛行場跡地にあり、
滑走路は道路として再利用されてます。
そうゆう土地柄と遺品等がある関係からか、
人数は分かりませんけど、特攻隊員の方々がいらっしゃるみたいで、
知ってか知らずか中には海上自衛隊の二等兵だった俺にも、
姿を見せてくれて敬礼をしてくれた隊員の方も数名ほどいらっしゃいました。

戦争末期には特攻に使用する機材や人員が不足し、
飛ぶのがやっとの16~7歳の若者や、練習機にまで爆弾を無理やり取り付けて、
新幹線並しかスピードが出ない機体で、
わざわざ沖縄で撃ち落とされに行かされた隊員も居たそうです。
心の中で「一日でも早く成仏出来る日が来るといいですね?」
と問いかけると、ニッコリと笑ってゆっくりと消えていきましたけど、
生まれ変わりがあるのならば、
ぜひ来世では幸福になってほしいですね。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました