引きこむ手

怖い話

ヘッドライト

投稿者:カヅヒコさん

これは高校時代のクラスメイトのNの体験談です。
Nが中学生の時、友達2人とで小倉南区徳力にある
友達の家に遊びに行ったそうです。

色々、話なんかして夕方になって2人は帰る事にしました。

自転車に乗っていて、友達が前にそしてNが後ろについていってました。

その通りはモノレールが走っている国道322号線という道路でした。

そして2人が大きな交差点にさしかかろうとした時の事です。
先に走っていた友達が交差点を過ぎて、
Nが交差点に差し掛かろうとした時、
横断歩道の手前の地面に変な物が
落ちているのに気付いたそうです。
Nは視力があまり良く無かったので、
目をこらしながら進んで行ったそうです。

その変な物との距離が2mくらいになってNはその正体に気付いたそうです。
なんと、そこにあったのはアスファルトの歩道に
ブラックホールのような穴が開いていて、
その穴から出ている手招きをしている右手だったそうです。

「うおっ!!」 っとNは右にハンドルをきって
なんとかその手から避ける事ができました。
しかし、その避けた先の目の前の空中に同じように
ブラックホールのように空間がねじれて、
今度はそこから左手が出ていたそうです。

「うわぁっ!!」 Nは身をかがめ、
どうにかその左手にも触れずにすみました。

当時、その交差点では交通事故が多く花束がたくさん置かれていました。 きっとその右手と左手が通りがかる人を
あの世に引きずり込んでいるんではないでしょうか・・。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました