神楽女湖

怖い話

神楽女湖

投稿者:sainotoさん


神楽女湖の先にある木の話です。

子供の霊のはなしとも絡んでるのかもしれません。
昔、あの木のところを通った時は妙なことをするもんだ、
くらいのことしか思ってませんでしたが。
話によると、そこには黄色い帽子をかぶった
女の子が出るというのです。
むかし、うわさを聞いた男の人が冷やかし半分で
夜その木のところに行ったそうです。
行ってみて車を木の近くに止め、
降りてしばらく木の見ていたそうです。
そして何も無いじゃないか、と帰ろうと思って
車に乗りこみ出発しようとした時、

ルームミラーに黄色いものが見えるのです。

後ろを見るとなにもありません。

しかし、ミラーには写っているのです。
体をひねってミラーを見るとそれは
黄色い帽子をかぶった女の子の姿でした。

男性が車からおりても、女の子は(ミラーで見ると)のっています。
男性は自分の行為が霊を怒らせたのかと思い、
必死で謝り、降りる様頼んだそうです。

しかし、いっこうに女の子は降りず、男性はおびえながら、山をおり、
別府にいる友人の家に逃げ込み、
友人に事情を話し車まで一緒に行ったそうです。
友人にもその女の子は見え(ミラーで)やはり、
二人で詫びても無駄だったそうです。

結局、二人で車に乗り御寺さんまでいき、

お払いをしてもらうまで女の子は降りることは無かったそうです。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました