おじいちゃん

怖い話

おじいちゃん

投稿者:じゃんたいらさん

僕はスキーが大好きだ。

中学のスキー研修も一番上級の班で参加させてもらったほど。

毎年冬が楽しみである。
しかし、小学校の2年生から主にボーイスカウトのスキー研修で、
毎年スキーに行っていた。

これは高校1年の話である。

ありがちな話ではあるが。

その年もボーイスカウトのスキー研修に1月4日~6日の3日間参加した。

そしてスキーを満喫して家に戻ったとき、母が言った。

「Kちゃんのとこのおじいちゃん、亡くなったわよ。」

「え?!なんだって?いつ?」

「4日の朝だって」

そして母と共にKちゃんの家に。

Kちゃんのおばさんといろいろ話をしていた。

亡くなった時の様子の話になった。

「朝の4時過ぎだった・・・」

これを聞いて、びっくりした。

実は4日の朝は6時ごろ起床の予定であった。

しかし4時7分頃に、なぜか目が覚めてしまったのだ。

おじいちゃんが亡くなった同じ時間に目が覚めていたのだ・・・

その話をすると「挨拶に行ったんだわ、きっと。(僕を)かわいがっていたから。」
僕は小学生の頃いつもKちゃんたちと遊んでいて、
Kちゃんの家にもよく行った。
おじいちゃんは僕の事を「はきはきした素直な子」と
かわいがってくれていた。
しかし一足先に中学生になったKちゃんとは、
ほとんど遊べなくなってしまった。

同じ中学生になっても、話す事はあっても、遊ぶ事は無かった。

したがってKちゃんの家にも行かなくなったのだ。

何年も行かなかったのに、僕のところに挨拶に来てくれた。

Kちゃんらそこの子供達からはそういう話は聞かない。

なのに僕のところには来てくれた。
何年も僕が来なかったので、寂しい思いをしていたかもしれない・・・
そういう事を考えると、凄く嬉しかった。

ありがとう、おじいちゃん。

おじいちゃんのご冥福をお祈りします。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました