深夜のトイレで見たものは

怖い話

深夜のトイレで見たものは

投稿者:裕之様の野望さん


今回の投稿は私が自宅で体験したことをお話します。

つい,最近のことです。

私は学校の試験があるため、かなり遅くまで起きていました。
その日もかなり遅く、深夜の午前2時ごろ、
私は尿意を覚え1階のトイレへ降りていきました。

用を済ませトイレから出た時何か違和感を感じました。
私のトイレには便器から向かって左側に窓があり、
そのときは窓があいていて網戸になっています。
出る瞬間は窓のところにトイレットペーパーが
置いてあるだけだと思ったのです。
だから出ようとしたその瞬間はトイレットペーパーがあるな、
ぐらいとしか思わなかったのです。

しかし,何かトイレットペーパーにしてはおかしいと思ったのです。

私はもう一度ドアを開けて中を見てみました。

私の違和感は的中しました。
トイレットペーパーと思われたそれは
窓のところにあったのではなかったのです。

それは網戸の外からこちらをのぞいていました。
始めは隣に住んでいる人がたまたま外に出ていて
偶然こちらに目が合ったと思いました。

しかしそうではありませんでした。

青白くて生気のない目、女性と思われる顔。

明かにこの世の者ではないと思われるそれ
(だいたい深夜に人の家のトイレをのぞくぐらい普通じゃない。)…。

それはこちらをボーッと見ているのです。
私は思わず気を失ってしまいそうでしたが、
何とか勇気を振り絞ってドアを閉めました。

その後階段を駆け上っていったのは言うまでもありません。

かなりその時は怖かったです。

今でも20歳を過ぎて大変恥ずかしい話ですがその時のことがあって以来,

深夜に一人でトイレに行くときはちょっと抵抗があります

あの時確認なんかしなけりゃ良かった(後悔)。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました