十三佛

怖い話

十三佛

投稿者:森田 寿志さん


私が、十三佛に行ったのは高校3年の
季節外れの12月の寒い夜でした。
友達が車の免許を取り立てだったので、
心霊スポットに行こうという話になり、
いろいろ話た結果、十三佛に行くことになりました。

最初はみんなわいわい騒いでいたけれど、
十三佛に着くやいなやみんな静まりかえりました。

そして僕が「さ~、行こう」といって、みんな車を降りました。
少し進むとそこには、ほこらがあり、
首の無いお地蔵さまがつられていました。

そこで急に友達が「もう、帰ろうよ」といって震えていました。

どうしたのだろうと思い、僕は「なんかあったん?」と聞くと、

「地蔵に顔があるようにしかみえない!」と言うのです!
僕達には全然見えないので「おまえはばかか!」と
言いみんなで笑い者にしました。

そして、みんなで洞窟に入っていきました。
入ってから5分ぐらいたったころに僕は、
後ろからどんどんと押されていました。
僕は「おすな~」、と冗談ぽく言いたかったのですが、
僕はあいにく一番後ろでした。
背筋の凍るような思いでなんとか早く帰るようにみんなをしむけて、

さっさと十三佛を後にしました。
そして家路につき「結局なにもなかった」と思い
早くふろに入ろうと服を脱いだ瞬間!
僕は青ざめました!

なにもないと思っていたのに僕の服の背中には、
子供ぐらいの手形と地蔵の顔らしきものがついていました。

僕はみんなで笑い者にしたのが悪いと思い、
次の日に拝みにいきました。

もう、あそこ行きたくないです。
最後に言い忘れた事があります、
拝みにいったのは僕だけでした。

ほかのみんなは、、、、、、、みんな首をけがして病院です。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました