親戚の家で(その1)

怖い話

親戚の家で(その1)

投稿者:Mobuさん


私が中学生の時の話です。

学校が休みだったので親戚の家に泊まりに行く事になりました。
親戚はその家に引越ししたばかりだったので、
どんな家なのかも楽しみでした。

行ってみると何て事はない普通の家に見えました。
その日の夕方、居間でテレビを見ていると、
突然おばさんが「はーい」って返事をするんです。

誰も呼んでいないのにどうしたんだろう?と思ったんですが、

私はテレビに夢中だったのであまり気にしていませんでした。

それから数分後、またおばさんが「はーい」と返事をするんです。
私以外にも何人かその場に居たのですが、
誰一人としておばさんを呼んでいません。

さすがに気味が悪くなり「どうしたの?」と聞くと、

「誰かが私を呼んでるの・・・」

「Y子。Y子って。」

しかし、私にも周りの人たちにも何も聞こえてきません。

「気のせいじゃないの?」と言うと、
「本当に呼ぶ声が聞こえるの。
男の人の声で。ほらまた呼んでる。」

と玄関の方へ歩き出しました。

すると、おばさんが
「なにか白い物が玄関の外に立ってる!!」

というので、玄関の曇りガラスの方を見ると
確かに外に何かが立っているんです。
本当に誰かいるのかも?と思いドアを開けて
外を見渡したんですが誰もいません。
それでもう一度曇りガラスを見ると、
やはり外に何かが立っている感じなんです。

段々その場に居るのが怖くなりすぐ部屋へと戻りました。
その後もしばらく、おばさんだけには
その呼ぶ声が聞こえていたようで怖がっていました。
一体あの曇りガラスの向こうにいたものは何だったんでしょうか・・・。

(ちなみにおばさんは霊感がとても強いです)
そしてその日の夜中、今度は私が
怖い体験をしてしまいます。この話しはまた今度。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました