父の体験談二

怖い話

父の体験談二

投稿者:YASUMIKIさん

前回の続きです。
父の幽霊騒ぎも一段落したのもつかの間。

南方戦線は激戦区、戦友はばたばた戦死。
そんなわけで基地内には、戦死者を弔う前に
一時保管しておく、霊安所がありました。
その霊安所の前での立哨は、皆いやがりました。
死体のそばにいるのはいやなものです。

特に息を吹き返す場合があり、しかしどうすることも出来ません。

ほんの一時息を吹き返してもすぐに死んでしまうそうです。
ですから、霊安所からうめき声が聞こえると、
明日はわが身と背筋が凍る思いだそうです。

それでも霊安所に入り、もしやと思いうめき声の主を探します。
その夜は父が霊安所の立哨の番の時でした。
タバコを吸っていると、何故か仲の良い戦友がとなりで、
同じくタバコを吸っています。
眠れないのか、と父は思いました。
戦友としみじみ、早く戦争が終わって日本に帰りたいな
というようなことを話したそうです。

その時父は、こいつ昼間は重症で、死ぬかと思ってた。
助かって良かったなと思ったそうです。
その時、父の全身の毛がそうけ立ちました。

立哨前に霊安所を検分した時、その人が横たわっていたからです。

戦友は、悲しそうな顔をしながら煙のように消えていったそうです。

この話、テレビの特集で見たような気がするぞ、と父に言うと、

「へー他にもいるんだ。」と言っていました。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました