道行く先は

怖い話

道行く先は

投稿者:SIGELさん


以前“自動ドア”を投稿させて頂きましたが、
その時に祖父の家に行く前の話です。
職場が近くなので、祖父が死んだ事を伝える為に
両親とは別の車で、1人で祖父の家に向かいました。
祖父の家までは車で40分程、何度も走っている道なので、
間違える事はない筈、だったんですが、
最近出来た新道に間違って入ってしまい、
このまま高速に入ってしまうのでは……
という恐怖にかられながら車を走らせました(笑)。
結局、新道からは無事に降りられ、あとは国道に出て
祖父の家に向かうだけ、でした。
ところが、いつもなら道路はしばらく1車線なのに、
何故か少し先の道路が2車線に。
“???”
道路が2車線になるのはもっとずっと先で、
祖父の家からもずっとずっと先なんです。
変だな~?と思い車を走らせていると、前を走る車も、
後ろを走る車も、対向車もいない上に、

霧も出て来るという、典型的なおやくそくの展開に。
“うわぁ、思いきり行き過ぎだぁ、道間違えたよ~!”
と思い、慌ててUターンをしたんですが………。

Uターンをして車を走らせると“え?”という風景が。
少し走るといつもの見慣れた国道風景でしたが、
祖父の家まではまだまだ、という場所だったんです。
“え、え、何で?”と思い車を走らせている内に、
私が新道から国道に入った道の前を通過したんですが、

いつものように1車線でしたし両方の道路に車が行き交っていました………。
行き先が、2車線に辿り着く前の祖父の家で良かったです。
もし、2車線道路を通過して出かける用事の時に、何も知らずに走り続けたら………。



次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました