家にはね

怖い話

ヘッドライト

投稿者:ちょめちょめさん

私の家は、家族の他に何かが一緒に生活しています。
阪神淡路大震災以来、新築のマンションに引っ越しました。

それまでは何もいなかったと思うんですが、今の家の状況をお伝えします。
まず、日常茶飯事に起こる異変から。
・クーラーをつけるため、閉め切っているはずの窓カーテンが
ヒラヒラとなびく。しかも裾だけ。
・テレビを見ていたら、パシッという音と共に
テレビの上に置いていたスーパーボールが全部きれいに真っ二つに割れていた。
・テスト勉強のため、夜中の2時まで起きていると(家族は夢の中)
廊下の壁に誰かがもたれたよな音がしてくる。
・同じく夜中になると、リビングを誰かが這いずり回っている。

(見たけど死ぬほど怖かった)
上記のことは別に気にしていないんですが、
あるものが見えなくなる場所が家にはあるんです。
父が仕事から帰ってくるのはだいたい7時くらいで、
そのときは何もしらなかった私がその場所にいました。
「おかえりー」といつも通り声をかけ、「ただいま」の
返事を何も思わず待っていましたが、

父は無言で私の前を通り過ぎました。
何かいやなことでもあったんかなと、心配していると
母が私の目の前でこういったのです。

「あれ、ちょめちょめ(私の名前)は?]

何をぬかすかこのひとわ!!ここにおるっちゅーねん!と頭にきました。
みんなして私をからかっているのだと思い、
部屋に戻ろうと足を進ませました。
雑誌を読み始めていると、母が部屋にくるなり
まじめな顔で私にこう言いました。

母「あんた今まで家のどこにおったん?!」

私「別に普通におったやん。」

母「だってさっき部屋にもおらんかったやない。」

こんなことって本当にあるのでしょうかね。
父いわく、何かの波動が合ったとき、それもその波動とかぶってもた時に
あるものがなくなるんだそうです。
これまでに家族5人中、私を含む4人が一時的に消えました。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました