某銀山にて

怖い話

某銀山にて

投稿者:H.Mさん

友達の3人(A、B、C)が秋田の県南にある銀山跡に行った時です。
銀山跡に到着しもう少し近くに行ってみようとした時に、
Cの携帯にメールが届いたのです。

見てみると「死ね」とだけ書かれていました。

受信時間を見る到着して1分も経っていない時に受信されていたのです。

しかし携帯はここに来るまでしばらく圏外になってたのです。
Cは「恐いから帰ろう」と言っていたのですが、
Bが一人で先にズンズンと進んでいきました。

30秒もしないで「ギャー」という悲鳴が聞こえたのです。

行ってみると腰を抜かしたようでその場であたふたしてたようです。

車に戻り話を聞くと目の前に誰かが立っていたと話すのです。
さすがに危険だと感じたA達は一刻も早く立ち去ろうと
車のエンジンをかけたのですがかかりません。
Aが焦っていると助手席の窓から誰かが覗いているのです。
血だらけの男の人でした。

助手席に座っていたCが気絶してしまい
車内はパニック状態になりました。

もう一度エンジンをかけてみると一発でかかり一目散に逃げたそうです。

気絶したCは2日程高熱にうなされたみたいです。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました