何が言いたかったのか

怖い話

何が言いたかったのか

投稿者:LADYJさん


これは、私の友人の体験談です。

十何年か前の話ですが、その頃友人は沖縄県中部にある
C町Hタウンにある某レストラン
(現在は、クリニックになっています)でアルバイトをしていました。
ある日閉店時間になり、お客さんがみんな帰ったのを確認して、
お手洗いの掃除をしようとした時の事。

ドアを開けると、鏡に向かって櫛で髪を梳いている女性がいたそうです。

まだ店内にお客さんが残っていたのかな?位に考え、
「失礼しました!」とすぐトイレのドアを閉めたそうです。
よくよく考えると、ちょっとその女性服装が変?!
つまり、現代風の格好ではなくどことなく古めかしい、
モンペのような格好をしていたそうです。

(視界に入ったのは一瞬だったので、あまり憶えていないそうです)

暫らくして、何事もなくその日1日の仕事を終え帰宅の戸へ。
疲れきった友人は、2Fにある自分の部屋へ行き眠ろうとした時の事。

ベットの片側が窓になっており、ベットで横になろうとすると、その窓から

先程、バイト先トイレで見かけた女性が友人を手招きしている姿が・・・。

驚いた友人は、「眠るしかない!」とおもい
恐怖を払拭するかのように、ふとんを頭からすっぽり被って
眠ろうとしたら・・・。

窓側方向から、腕を強く掴まれたそうです。

友人はそれから先の記憶はないと話していました・・・。
その話を半信半疑で聞いていると、見せてくれました。
その、腕の跡を。
クッキリと赤紫色に人間の手が友人の右腕にアザとなって・・・。
私の母から聞いた話ですが、その界隈、C町Hは戦時中
お墓に入りきれない遺体を収容していたようです。

戦後、そこは米軍基地となりましたが20何年か前に返却され、
今は若者の町としてちょっとしたプレイスポットになっています。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました