あつこちゃん

怖い話

あつこちゃん

投稿者:ひとみさん

寒くなってくると思い出してしまう話があるのですが・・・。

現在5歳になる息子が2歳半の頃の話です。
子供って、一人遊びをしている時に一人二役、
三役などをして遊んでますよね?
私が家事をしていて相手ができないときなどの、
日常の光景でした。
ところが、ある寒い冬の朝、
「おかあさん、あつこちゃんが寒いってぇ~」と言いにきました。
いつものごっこ遊びの話と思った私は、
「ストーブつけたら?」などと返事をしてました。
今日のごっこ遊びは「あつこちゃん」なのね、でもまた、
古風なお名前だこと、ご近所にもお友達にもいてないのになぁ。

などと思っておりました。
あつこちゃんの事を口にしだしてから、
1週間ほどたったころ、買い物の途中で
「おかあさん、あつこちゃんがお腹空いたっていってるから、
おにぎり買ってあげて」

「喉も渇いてるんだってぇ」と言いいだしました。

本人が欲しいモノを他人のフリして買わすには変でした。

その頃の息子はおにぎりの海苔が嫌いでしたから。

「おかしい?いつもと違う?」
疑問に重いながらも、
「そうなの?あつこちゃん、お腹すいてるんだぁ」と受け答えしてました。
人が沢山買い物してる大きなスーパーの中でしたが、
とてつもない悪寒がしてきました。

私がこのようになるときはかなりヤバイ時なのです。
さりげなく「あつこちゃん、今何してるのかなぁ?何処にいてるのかな?」
と聞きました。

すると息子は「あのね、真っ暗で寒いんだって」

「それでねお母さんがいなくなっちゃってね1人ぼっちなんだって」

「可哀想だねぇ」

『これは・・ヤバイ!!!! もってかれる!』
息子に怖がらせまいと平然と
「あつこちゃんには行くところがあるからさぁ、もう遊べないよって言える?」
と言いました。
もちろん私も必死で祈りました。
「息子は絶対わたせない」と・・・。
翌日の朝、ケロっとした顔で
「あつこちゃん、サヨナラだってぇ」と言ったきり、

息子の口から「あつこちゃん」の名前がでてくることはありませんでした。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました