トンネル

怖い話

トンネル

投稿者:みつるさん

あれは、8月だったと思います。

私と私の友達の3人で旧本坂トンネルに行くことになりました。

始めは、2人に私は反対でした!何か嫌な予感がしたからです。

料金所のわき道から、山道へと入っていきました。

山道を車で登って行く途中、白い物影を私は見たような気がしました。

私は、不安になってきたので友達2人に引き返すように言いました。

が、2人は気のせいだと言ってトンネルへと車を走らせて行きました。

そして、車から降りてトンネル前へと歩いて行きました。
その時です私たち3人は、トンネル前から
奇妙な声を聞いてしまったのです。

まるでトンネルの中に入るな!と言っているような・・・。
しかし、懐中電灯も持たずに私たち3人は
トンネルの中へと入って行きました。
懐中電灯がないせいか・・・トンネルの中は、
とても暗く重苦しい空気に包まれていました。
私は、少し気分が悪くなりました。だんだん足が重くなり、
前へと進みづらくなってきて、おっおかしい!

と思って足をつい見てしまいました。

すると、足首を青白い手が、いかないでっ!といわんばかりに掴んでいるのです。

すると今度は、友達の一人が、「とっトンネルの上から足音がする!」と

脅えた声で言ってきたのです。

私たちは怖くなったので、命からがら車へと逃げその場から立ち去りました。

今思えば、あのトンネルの霊たちは、私たちに来るなと言っていたのだと思います。

本当にあの時は、怖かったです。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました