根絶やし

怖い話

根絶やし

投稿者:源さん

中学校の時の話です。
修学旅行で自分達は山口~福岡に行きました。

広島を新幹線で出発し、山口へ。
その後はバスで移動、そして下関の
関門海峡のサービスエリアで休憩しました。

その時、平家の最後の地である関門海峡の海を見ようと、

海の見える展望台に一人行き海を眺めていました。

その時です、ガチャガチャと言う鎧の擦れ合う音と、
ジャリッと言う草鞋であるくような音が近づいてきました。

そして、自分の後ろで止まり言いました。
「平家の血は根絶やしにしてやる。
赤子一人とて逃がさぬ。・・・お覚悟っ!」

はっ?と振り返ると自分の後ろには誰もいません。

「一体・・・なんだったんだ?」

当時はそう思うだけでした。
今は平家の血を継ぐ自分が、あの場にいたため
当時の亡霊が迷い出てきたのだろう・・・と思います。


次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました