先住者

怖い話

先住者

投稿者:祐希さん



これは私の友人のお兄さんの体験談です。

友人の家に仲間と集まり、麻雀をしていた時のことです。
それぞれにビールやおつまみを片手に麻雀に熱中していたため、
気がつくと真夜中になっていました。
途中、入れ替わり立ち代わり友人達が
「ちょっと…。」などと言いながら部屋を出て行くので、

トイレだなと最初はたいして気にもならなかったそうです。

が、トイレに立ってから戻ってくるまでの時間がやたら長いように感じて、

隣りにいた友人に何気なく理由を尋ねてみたところ、
「この家のトイレにな、女の人がおるから入れへんのや。
それで外へ用足しに行くんやな。」
友人のお兄さんは、その日はじめて
別の知人に誘われてこの家へ麻雀しに来ていたため、

話を聞いた時ギョッとしたそうなのです。

もともと霊の存在など信じない人だったので友人達がとめるのも聞かず、

酔った勢いもあってトイレに行きドアを開けると….

そこには髪の長い女性が着物姿でボーッと立っていたそうです。

酔いもすっかり醒め、用も足せなかった彼にその家の住人が
「やっぱり立ってたんやな。でも別に悪さされるわけでもないから
俺ら家族は使ってるで。」

トイレにいる女性はかなり昔からその家に住んでいるらしく、
何度かお払いしてもらっているにもかかわらず
出ていくことがないのだとか….。

たまにトイレ以外の部屋ですすり泣きが聞こえることもあるそうですが、
慣れてくると「また泣いてるなあ。」くらいにしか
感じなくなったらしいです。
ちなみに、この家に住む霊の噂は
タクシー運転手のあいだでも有名なのだそうです….。

もともと、この家で昔、女性が自殺して亡くなっていると聞いています。

いろいろな思いを残しているのか地縛霊になっているのでは….?

現在の住人に落ち着くまでに表札が何度も変わっているのを見ていますので、
やはり怪奇現象に耐えられずに引っ越しせざるを得ない
状況だったのではないかと思います。

女性の霊に遭遇してしまった友人のお兄さんは、
「昼夜に関係なく出てくる恐ろしい女の人と
一緒に生活しとる家族もすごいで…。」と話してました。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました