すれ違った男は?

怖い話

すれ違った男は?

投稿者:デューク投稿さん

これは、友人の妹が体験した話ですが、
私の地元にT山という標高258mの小高い山があります。
ここは、麓にB寺という日本最古の寺と、古城跡があり、
菅原道真にも縁が深い歴史的にも有名な場所です。

このT山とB寺に隣接する所にT公園というのがあり、
そこで毎年10月に観月会(十五夜の夜に月を鑑賞する)
という祭りがあります。

地元ではそこそこ大きな祭りで多くの人で賑わいます。
その祭りで習慣になっているのが、
提灯が地元の人間に配られT山に登るというものです。
このT山は比較的低い山で草履でも登れるほどなので
友人の妹Y江は女の子4,5人のグループで

登ったらしいのです。
この観月会でもうひとつ習慣になっているのが、
登っている時にすれ違う人と挨拶を交わすというものです。
そして登る途中、提灯も持ってないある男性に
こんばんはと挨拶したところ返事もせず、

無愛想にとおり過ぎていったそうです。
そしてすぐさま、後ろを振り返るともうそこには
誰もいなかったそうです。
山道も直線でさほど勾配もきつくなく見通しも良かったので、
Y江達は怖くなり後から降りてきた人たちについて

一緒に下山したらしいんですが、降りる途中、登ってくる人に聞いてみても

そんな男は見てないと言われたらしいです。
そしてその時は事無きを得無事に帰宅したらしいのですが、
それから1ヶ月後に

T山の中腹あたりで自殺者が発見されたということでした。

自殺者は死後、数ヶ月経っていたらしく首吊りでした。
私もその事件は新聞にも載ったし
地元でも有名になったので知っていてY江とその話しをしてみると、
観月会で見た男が、新聞に載っていた自殺者の男の特徴と
一致するというんです。
Y江以外の女の子も皆似ているといっていたので、
多分その自殺者の霊とすれ違っていたんだろうとおもいます。

後からY江が、あの霊は私たち助けを求めてたのかな?

・・・そうだったら心残りがするなと言っていました。

その後T山では2回自殺があり(いずれも新聞に載りました)

ひそかな心霊スポットにもなっているということです。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました