十四年前

怖い話

十四年前

投稿者:サンデーサイレンスさん

今から十四年前の二月かな、
神楽坂のバーで当時の同僚三人としこたま飲んで
午前一時の閉店になったので外に出ました。
開いている店もないので三人でふらふらと歩き廻っているうちに
飯田橋から九段下を抜けていたようです。
何故か判りませんが「銀座に行こう」ということで
三人の意見が纏まっていました。
九段下から内堀通りを歩いているうちに気O庁の少し先に
工事の赤ランプが見えました。

黒と黄色の標識が現れて赤いランプがその上で点灯しています。

三人で会社批判と社会批判(笑)をしているうちに標識が途切れて

資材置き場みたいな、ちょっと奥まったスペースが視界に入ったとき、
そのスペースの奥にピンクのジャージの若い女性が
蹲って頭を垂れているのが見えました。

このくそ寒い時期にあんな恰好、しかもこんな場所
(九段下にあの時間にあんな軽装のしかも女性)に

人がいること自体がおかしいです。
三人とも瞬時に「これは触るとやばい」というのを理解したようで
黙ってその場を早足で過ぎ、当時のニッOO放送のあるあたり
(警察署あったあたりですね)まで三人黙って歩き、

そこまで来たときに三人一斉に口を開きました

「なに?さっきの?」

「あれ、不自然すぎるでしょ?」

「あれ生きてる人間じゃないよな!」
いや、もしかしたら本当の人間だったのか?
しかし、時期、時間、服装を考えたら明らかに・・・。
あまり怖くは無いでしょうが、私にはその女性のあまりにも
「黒々」とした髪が今でも強く記憶に残っています

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました