正夢?

怖い話

正夢?

投稿者:紅のプー太郎さん


知人んとこの、80歳ちょっとになる爺さんが、
太平洋戦争中に体験した話です。
昭和19年の後半になると物資が不足気味になり、
報道機関じゃ「連戦連勝!!」と景気がいい事ばかり
言ってましたけど、煙草とはゆうにおよばす、
食料品等の日用品さえ配給制になっていったんですね。
当日、小学生だった爺さん達にも
「日本も戦争に負けるんじゃないか?」と、
子供達さえ噂になっていました。
昭和20年8月9日に、長崎市に原爆が投下される2日前、
7日に寝ていると人の気配がして眼が覚めて、
見回してみると兵隊に行っていた7歳違いの兄が、
枕元に立ってました。

喜んで立ち上がろうとしましたが、金縛りにあって身動き出来ません。
ジタバタしていると、兄さんが
「明日中には長崎から離れて、出来るだけ
遠くに逃げるんだ!!」と言って消えていきました。
翌朝、起きてから両親にその事を話してみると、
少し疑いつつも「余程の事じゃないか?」とゆう事で、
会社には適当に言い訳をして休んで、
9日の早朝に電車で諌早市内の親戚の家に行ったんですね。
諌早駅に着いた途端、「長崎市に新型爆弾(原爆)が落ちた!!」
とニュースであり、行き交う人々は騒然としてました。
戦後、暫くしたら連絡があり、枕元にたっていた兄さんは、
原爆が落ちる2ヶ月前くらいに、南方の島で戦死しており、
きっと家族の危機を知らせに出てきたんでしょうね。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました