夜中の踏切にて

怖い話

夜中の踏切にて

投稿者:紅のプー太郎さん


先日、夜中の1時に仕事が終って、
コンビニで煙草と軽めな食事を買ってく事にしました。
昼間でも熾烈に気持ち悪い踏切があり、

遠回りしてでも避けてましたけど、仕事疲れと眠気の為、
その踏切に通じてる交差点を、何気なく曲がってしまいました。
Uターンしようと思いましたけど、後続車と対向車で無理っぽく、
やむなく通る事にしました。
踏切に差し掛かると、あいにく遮断機が降りはじめて、

停車して右側の歩道を見てみると、
雨上がりで霧みたいのが出ていて、
ゆっくりと左から右へと風に流されてましたけど、

なんか流れ方が変なんですね。
ちょうど橋から橋ゲタを見てみると、
渦を巻きながら水が流れてますけど、そんな感じでした。
そのうち、ブレーキの踏み方が悪いと、
エアコンが動き出したら前に動き出しますけど、そんな感じで
「ジリッ・・・・・ジリッ」と前に動き出しました。
踏み直しても変わらず、「ヤバい・・・・かな?」と思ってると、
轟音と共に電車が通過していき、前を見ると
遮断機の棒をボンネットで、少し押し上げていました。
得体の知れない奴が居た所を見ると、消え去っており、
数年に一度くらいの割合で死亡事故が起きており、
もしかして呼ばれたのでしょうか?。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました