濡れた髪の女

怖い話

濡れた髪の女

投稿者:さけぴーさん


以前住んでいたアパートでの出来事です。
そこのトイレは共同で、個室に入っていても、
扉の2ミリくらいの隙間から外の景色が見えるのです。

ある日トイレを使っていると、その隙間から
若い女の人の姿が見えました。

なんとなく様子が変だなと思ったのは、
ウェーブのかかった髪がお風呂上りのようにべっとりと濡れていて、

頭を壁にもたせかけていることでした。
そのトイレの壁、クモの巣や虫の死骸が貼り付いていて、
とても汚いんですよ。
なのに濡れた髪を押しつけているし、
個室の中にいる私のほうをじっと見つめています。
こちらからは、隙間ごしに外の様子はけっこう見えるんですが、
向こうからは見えないはずでは?
なのに、ピタッと視線が合った感じ。
そのとき、女性が声をかけてきました。

「すみませーん」
どこか力の抜けたような、抑揚のない声です。

「…はーい!」
思わず私は返事をし、個室から出ました。
その間、ほんの一瞬だったのに、女性は消えていました。
あわててトイレの外の廊下に飛び出して探しましたが、
やっぱりいません。
その晩、寝ていると夜中の二時ごろに誰かが
ドアをノックしました。

ビクッとしたので寝たふりをしていると、すぐにやんでしまいましたが。
友達に確かめましたが、誰も夜中に来たりはしていませんでした。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました