7:14

怖い話

ヘッドライト

投稿者:秦山愛有さん

この話は友人4人で体験してしまった話です。
ある日、私達は委員会が長引いた為、
最後まで学校に残っていました。

気づいたらもう辺りはすっかり暗くなっていました。
教室には私達しかいなかった為友人Mが
「戸締りしよっか」と言いました。
その校舎は旧校舎で、先生達の居る校舎までは
少し距離があったので私達がいくら騒いでも
聞こえませんでした。
なので私達は思う存分騒いでいました。
そして戸締りを終わらせ、教室に戻りふと、
時計を見ると時計の針が7時14分を
指したところで止まっていたのです。
私達は先生が来るまで教室で待つ事になっていて、
先生を待っていました。
すると、友人Sが
「何か声しない?」と言い出しました。
校舎には私達以外誰も居ないはずです。
私は「先生じゃない?」と言って廊下に出てみました。
すると、Sの言うとおり下の階から声が
聞こえてきたんです。
私達は
「誰か残ってるのかな?行ってみようか」
ということになり、荷物を置いたまま
下の階に向かいました。
でも誰もいないし、電気さえついてなかったのです。
すると、Sが突然、
「どうしたの?一人なの?○○先生の子供かなぁ?」

と言い出したのです。
当然そこには誰もいませんでした。
私達はSの手を引いて走って教室に戻りました。
そして私達は怖くなって帰ることにしました。
帰り着いた時間・・・7時14分でした。
次の日、私達は昔からいる先生にその事を話すと
「あぁ、もうそんな季節か・・・毎年出て来るんだよ。
7時14分までに家に着いたろ?」
と言ってその話をしてくれませんでした。
どうしても気になった私達は調べました・・
ウワサなのですが、その女の子は
この学校の守護霊らしいです・・・。
詳しいことは何一つ分からないままでした。
どうして7時14分に帰らされるのかも不明なままです。
詳しいことがわかったら
また投稿させていただきます。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました