神上がり後

怖い話

神上がり後

投稿者:B-HEARTさん

『いかなる高貴の人といえども、
無念骨髄に徹して死せむには、
世に祟りを為すこと必定なり。
そはこれを世に知らせて無念をはらさぬがためなり。
顕界にて受けたる無念は、顕界より解きてもらわねば、
はるることなし。』 「幽魂問答」より。
この世で生じた無念は、この世でしか晴らしえない。
故に私はその無念の思いを理解し昇華してあげる事で
成仏(神上がり)を果たさせる。
「彼」はそれからしばらくして私の左手から旅立って逝きました。
一仕事終えて一息つき、何気に路肩の
土手の上にある小さな御堂に目が留まりました。
、、水子地蔵?

それは夏の台風でメチャメチャに荒れてしまったままで、
何とも無残な姿を晒していた。
日を改めて又来ようか。
次の日曜日、私は師匠を連れあの御堂を掃除に行きました。
ある程度終わると花瓶に榊を挿し、イチゴ大福と
鬼ころしを供え手を合わせる。
「これで少しはこの辺の奴らも落ち着くんじゃないの?」
「ああ、少しはね。」
後日、水子に『鬼ころし』はどうだろう?という疑問から、
配送サボって三度「三瀬峠」へ交換用のお茶を
御堂へ持って行くと、、あれ?無い。
一体誰が持ってったんだか、『鬼ころし』。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました