軋む音

怖い話

軋む音

投稿者:紅のプー太郎さん


盆休みに暇な釣り仲間に誘われ、
前々から気になってた小さな漁港へ、
試しに2人で夜釣りに出かけました。
朝まで夜通しやる予定が、思いのほか魚が釣れたから、
夜半過ぎには帰る事にしました。
歩いて車に向かってると、何処からか
「ギィ~ッ・・・ギィ~ッ・・・ギィ~ッ・・・」
とゆう音が聞こえてきて、初めは漁船が波で
擦れ合う音だと思ってたんですね。
堤防を半分くらい歩いたら、相方が小さな声で
「・・・あっ!!・・・」
と言って立ち止まったから、振り返ると真っ青な顔で
茫然としているんですよ。
視線の先を見てみると、漁港によくある常夜灯(街灯)の3本のうち、
右端のにマネキンみたいなのがブラ下がってるのが、
ボンヤリと見えました。
よく見てみると首吊り状態の女で、
普通は顔が斜め下になるんですが、こっちを無表情な顔で見ていて、

口元からはダラリと一筋の血が滴り落ちてるんですね。
相方が独り言みたいに
「俺・・・・盆の時期には、たまに見える事がある・・・・」
と言って、完全にテンバってる様子でした。
取りあえず車に戻るのを促して、俺の運転で
漁港をあとにしましたが、横目で女を見てみると、
なんとも言えない何かたくらんでる様な含み笑いで
「ニタ~ッ」と、笑った様に見えました。

霊体験は色々とありますが、
今回のだけは気持ち悪い部類なほうで、
後日、行きつけの釣具屋の親父に聞いてみたんですね。
すると「確か5~6年前くらいに、破談した女が
器用に常夜灯にロープを掛けて、自殺したようなみたいだけど・・・・
たまに出るみたいよ」と言われ年齢からして、
どうもその女性みたいで、よほど何か思い残す事があり、
化けて出てきてるんでしょうねぇ?

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました