八百比丘尼の杉

心霊スポット

屋敷サカエ氏レポート

愛知県足助町伊勢神の旧道~
この東海自然歩道は、江戸時代から伊勢神旧トンネルの出来る
明治30年まで、馬の背によって海の幸・山の幸が運ばれ、
また長野の善光寺詣りなどをする善男善女が行き交った道です。
峠には、遠く伊勢が望めるところから設けられた、
伊勢神宮遥拝所があり、峠近くには不思議な伝説を秘める
八百比丘尼の杉、天和3年(1683年)に建立された
特異なお姿の石仏観音菩薩像などの石仏も祀られています。
八百比丘尼の杉1
愛知高原国定公園「伊勢神峠」標高800m。
その昔、中馬の難所とされた場所です。
明治30年に馬車用にあの有名な「旧伊勢神トンネル」
標高705m・長さ308mが開通し、昭和35年に大型車用の
「新伊勢神トンネル」標高640m.長さ1245mが完成。
八百比丘尼の杉2
道の傍らには、観音像が並んでいます。
長い年月、風雨に曝されているためか首から上が…
八百比丘尼の杉3
この立派な杉が「八百比丘尼の杉」です。
昔、若狭の国で800才まで生きた尼さんが
駒山観音(旭町)巡拝の帰りにこの峠で一服し
杖をこの地に立てて去りました。その杖が根付いたのが
ここの杉だと伝えられています。
八百比丘尼の杉4
立派すぎてフレームに入り切らないので3分割…
青い光は、レンズに映り込んだ太陽光。
八百比丘尼の杉5
上部です。見事な枝っぷり!
八百比丘尼の杉6
伊勢神宮遥拝所からの眺望。
その昔、近郷近在の人々が元口などに
遥か伊勢神宮を拝んだ場所で、伊勢神峠の地名は
「伊勢おがみ峠」が訛ったものといわれています。
「NeoNATS」
愛知県心霊スポット

コメント

タイトルとURLをコピーしました