晴明神社2

心霊スポット

屋敷サカエ氏レポート

愛知県岡崎市
安倍晴明が諸国を遊歴した際、この地に居を構え神夢により
井戸を掘り、萬人を救済したと伝えられている場所です。
晴明神社2-1
商店街の中に、ひっそりと「晴明神社」は建っています。
晴明神社2-2
由来が書かれている立て札。
要約すると、平安朝の天文博士「安倍晴明」はこの地に居を構え、
陰陽術を伝えました。ある日、神夢により井戸を掘り
霊水の湧水を見て、萬人を救済されました。
後に住居跡を「晴明塚」とし、井戸を「晴明井」と命名。
五輪石の一部を納め、それを神社の御神体とした。
天保3年、岡崎城下の大火災の際も社のみ焼け残った。
戦後、町内の人々の御奉賛を迎え、昭和36年9月10日に
社殿が再建されました。と記されています。
晴明神社2-3
社殿に近付きます。
扉の中央には、ここにも新聞受けを改良した
「賽銭口」が…
晴明神社2-4
こちらが「晴明井」です。
開運商売繁盛、安産の守護神とされ、
神水を授与するために
遠近より人々が集まり「岡崎の晴明様」として
信仰されているそうです。
「NeoNATS」
愛知県心霊スポット

コメント

タイトルとURLをコピーしました