おせんころがし

心霊スポット

おせんころがし
おせんころがし

おせんころがし
高さ20メートル、幅4キロメートルにもおよぶこの
「おせんころがし」には、いくつかの悲話が残されています。
豪族の一人娘お仙は日ごろから年貢に苦しむ領民に心痛め、
強欲な父を見かねて説得しましたが、聞き入れてくれません。
ある日のこと、領民が父の殺害を計画し機会を
うかがっているのを知ったお仙は、自ら父の身代わりと
なり領民に断崖から夜の海へ投げこまれてしまいました。
領民たちは、それが身代わりのお仙であったことを翌朝
まで知りませんでした。悲嘆にくれる領民たちは、
わびを入れ、ここに地蔵尊を建てて供養しました。
さすがの父も心を入れかえたということです。
おせんころがし2
正面から。右側にお地蔵様が見える。
おせんころがし5
お地蔵様。
おせんころがし3
おせんころがしの背後にある崖。
ここから落ちたら確実に死んでしまうだろう…
おせんころがし4
おせんころがしではかつて
世間を騒がせた「おせんころがし殺人事件」の
舞台になった場所である。
昭和26年(1951)栗田源蔵は強姦目的で母子3人をここで襲い、
暴行の後崖から突き落とした。幸い、長女だけ助かった。
昭和27年(1952)に他の殺人事件も含め逮捕、起訴。
昭和29年(1954)控訴取り下げ、死刑確定。
昭和34年(1954)栗田源蔵の死刑執行

千葉県心霊スポット

コメント

タイトルとURLをコピーしました