佐倉城址公園

心霊スポット

佐倉城址公園
佐倉城址公園
姥が池
この池は江戸時代、かきつばたの名所でした。
春先には近在のひき蛙が数千匹あつまり、
左右にわかれて昼夜7日間、
蛙合戦を行っていたと、
「古今佐倉真佐子」(江戸時代中項の書物)に
記されています。
後に(天保年間)この池のまわりで
家老の娘をおもりしていた姥があやまって
娘を池に落としてしまい
娘はそのまま沈んでしまいました。
姥は困り果て身を投じたと伝えられ、
以来「姥が池」といわれるようになりました。
佐倉城址公園2
問題の13階段。
処刑場の跡だとか噂があるのですが…
真偽の程は?12段しかないし。
すぐそばに看板があります。
佐倉城址公園3
訓練用の12階段
兵士が高所からの飛び降り訓練に使用した
コンクリート製の階段。
木製の飛び降り台と違い、壊すのが大変なため、
戦後も残ったと考えられます。
佐倉城址公園4
高所恐怖症にはたまりません。
どうもここの心霊話は噂の域を出ない内容であるようです。

千葉県心霊スポット

コメント

タイトルとURLをコピーしました